不眠症を解消して毎日ぐっすり睡眠しましょう。

不眠症とは

不眠症とは、ずばり寝ることができない症状を指します。

 

体はとても疲れているのに、布団に入ってもまったく眠ることができない、これはとても辛いことです。

 

健康な方でも、1年に数回経験があるかもしれませんが、不眠症と言う場合は、この眠ることができない症状が続いてしまう事になります。

 

ただ、人間は眠らなければいけないのです。
ですから、睡眠導入剤などを使って、無理矢理でも眠りに入りますが、これは不眠症の治療とは言えません。

 

不眠症というには、何らかの原因があります。
現在、よく言われる不眠症の原因としては、うつ病、薬の副作用、神経症等が挙げられます。

 

また、一口に不眠症と言っても、タイプもそれぞれで、なかなか眠ることができない、途中ですぐに目が覚める、寝付きは良いけれど、すぐに目が覚めるなどのパターンがありますが、いずれも不眠症の症状であると言われています。

 

何れにしても、不眠症はそのままにしておくことは、健康に著しい害を与えるものです。

 

一日や二日、眠れないのは仕方のないことですが、毎晩続くようでしたら、病院に行くことをオススメします。

 

また、眠らないのではないか?ということでも、不眠症を誘うことになりますが、とにかく原因を早く突き止めることです。

 

毎日が快眠できたら幸せです。是非、原因や解消方法を勉強していき気持ちよく寝れるようにしましょう。


スポンサードリンク

不眠症になりやすい人とは

スポンサードリンク

不眠症になりやすい人と言うのは、繊細で生真面目な人でしょう。

 

何かのことを完璧に行わなければ、気が済まないという方、そして自分に対してイライラする方。

 

というのも、そのようなに方にとって、寝なくてはいけないこの時に、寝られないのは完璧ではないということになり何か頭に残っていることをいつまでも考えて、考えすぎて、頭がさえてしまったりする場合が多くあります。

 

よく、このようなことはストレスと片付けてしまうのですが、そう言われたらストレスに違いありません。

 

要するに、寝なくてはならないということがストレスとなって、不眠症であることが許せなくなって、余計に眠れなくなってしまうのです。

 

神経で言うと、交感神経が興奮していると言われていますが、なんとかなるさ、あー眠いとあまり物事を深く考えない方の方が、不眠症になりにくいと言われています。

 

昼間の活動とも関係しますが、神経が細やかな方の不眠症は、あまり考えないで、ということがかえってストレスになったりします。

 

昼間の交感神経をがっちりと刺激することを行っていると、不眠症になりやすいとも言われています。

 

たとえば、スポーツやカフェインなどの飲み過ぎも言われていますが、神経質な方なども要注意かも。

 

悩んだってしかたない、まず寝ようと思うことが大切です。

 

しかし、寝よう寝ようと思って焦って余計に寝れないことは多々あります。

 

これは私の体験談ですが神経質にならずに今日は寝ないと思っていたら逆に寝れることもあります。

眠りが浅くなりやすい体質とは

眠りが浅い方は、どちらかというと神経質な体質の方に多いです。

 

どうにでもなれ、どうでもいいやと思う方は、就寝の時にもあまりものを考えずに眠りにつくことができます。

 

ところが、体質的に、何事にも細かったり、小さなことを気にする傾向がある方の場合、暗い部屋で、天井を見つめることで、あれこれ思ってしまうことが多いとされています。

 

そんなことを頭の中を駆け巡ることで、眠りも浅くなりますし、寝られなくなってしまうようです。

 

また、睡眠時無呼吸症候群などの場合は、肥満体質の方に多いですし、血圧が高い事で、眠りが浅くなることもあります。

 

眠りが浅い原因を知ることが大切で、治療法が存在したり、食生活の改善、運動の実行を行うことで、とりあえず眠りの質を上げられることをしてみてください。

 

そのようなことでも解決できない浅い眠りの場合は、睡眠外来等できちんと治療を受けることが必要です。

 

神経が細かな方で体質的に眠りが浅いという方が、どうしても解決をしたいという時には、きちんとした治療を施すことも大切ですが、気の持ちようでも睡眠の質をかえることができます。

 

何かのきっかけも必要ですが、待っているだけではなく、自分からいろいろと発信をしてみる、冒険を試みるのも一つの案です。

サイトマップ


 
 

 
不眠症の原因 不眠症の症状 不眠症を解消 食べ物で解消 飲み物で解消